自費出版のメリットと注意点

自費出版と言えど最低限の決まり事はあるので、余りにも露骨な文章や写真等がある場合は、断られる事もあります。

サイトトップ > 自費出版とは

スポンサードリンク

自費出版のメリットと注意点

自費出版とは


自費出版とは、読んで字の如く、自分で費用を出して本を出版する事を言います。自分で費用を出すという事は、契約先(出版社)との利害関係が無い為、本を書く事に対して制約が非常に少ないのです。もちろん、自費出版と言えど最低限の決まり事はあるので、余りにも露骨な文章や写真等がある場合は、断られる事もあります。でも通常の出版方法の商業出版と比べれば、はるかに自分の書きたい自由度の高い本を書き、出版する事が可能です。


例えば、自分のお気に入りの写真や、人生観や考え方などを1冊の本にまとめたいと言う人には、おススメと言えるでしょう。この様に、自費出版は全く本を書いた事が無い人や、文章力が有る無いに関わらず誰でも本を出版する事が出来る手段です。


本の出版を依頼する方法は、印刷会社に個人的に本の製造を頼むか、自費出版の専門業者などを通して自費で行なう事になり、通常の出版会社では請け負ってくれないのが普通です。これは利益が見込めない事を出版社は知っているからです。


自費出版で本を出版する人は、あくまで趣味的な感覚に捉えるのがベターです。印税収入目的で大量に本を出版しても、1冊も売れないと丸損する事になりますので、この点は充分に注意して下さい。


自費出版のメリットと注意点

MENU



スポンサードリンク